パーソナルトレーナーメグミが健康と幸せを届ける!

健康、美容、ダイエット、筋トレ、ワークアウト、スポーツの愉しさと疑問を集めたまとめブログ

筋トレVS有酸素どっちが痩せる?

みなさん、こんにちは!

オーストラリアからパーソナルトレーナーメグミです!

 

みなさんは、筋トレと有酸素どっちが痩せると思いますか?

 

様々な見解が出ていますが解剖学的な理論と

自分の経験談をおり混ぜながら掘り下げていきます!

 

Lets`s Go!!

 

f:id:meg-fit:20200106213217j:plain

前回の記事で痩せる身体のメカニズム

お腹を割るには下半身を鍛えたらいいよ!

といった理論の中で掘り下げました。

  

www.meg-workout.com

 

 

この要素をふまえた上で今日は早速、

筋トレとは有酸素運動とはなんぞや?

といったところから入っていきたいと思います!

 

ー目 次ー

 

筋トレとは

酸素を消費しない運動でにエネルギーを生成させます。

略式が本来の単語の様に定着されていますが、筋力トレーニングを指します。

 

筋肉の肥大や骨格筋の発達を促します。

重力を使ったウエイトトレーニングが王道です。

 

ウエイトトレーニングはマシーンやダンベルを通して負荷をかけながら

それぞれの身体の部位ごとに注力し動いていきます。

 

自重型もあり器具を使わずに

自分の身体一つで負荷をかけながら動くトレーニングもあります。

 

自重型のメリットは一人で何処でも出来る事と、

マシーンに頼らない事で体幹がより鍛えられバランス感覚も養えます。

 

有酸素運動とは

体内の糖質や脂肪が酸素と共に消費されます。

呼吸筋、心筋の発達や体脂肪を減少させます。

 

主に、ウォーキング、ランニング、サイクリング、水泳、ダンスなどを指します。

 

長時間継続して行う事で体脂肪が分解され、

その時に大量の酸素が必要となるため、

酸素を取り入れながらエネルギー源を産生する仕組みです。

 

ワークアウトが日常となった5年間の私の経験談

私の経験をもとにそれぞれの

メリット・デメリットを痩せるという観点からあげていきます。

 

【筋トレ(無酸素運動)】

■メリット

・筋肉増量に手っ取り早い事から基礎代謝が上がり太りにくい身体づくりができる

・基礎代謝が上がった事で多めに食べたりワークアウトを休んでも太るペースがスロー

・各部位の進化が素晴らしい(お尻があがる、お腹が割れる、クビレる、逆三になる等)

・効果までの期間はかかるが継続すると必ず筋肉の形が良くなる

・1回のワークアウトが30分と短めでも継続により効果をもたらす

 

■デメリット

・有酸素と比べて痩せるのに期間がかかる

・故障が多い(負荷による腰痛の悪化、肩脱臼など)事で休養を取る事もある

・マシーンやダンベルの利用方法から覚える必要がある

・フォームが悪いと効果が半減する

 

【有酸素運動】

■メリット

・痩せるペースが速い

・故障が少ない

・心肺機能も強くなりスピードが増す事で痩せるペースがあがる

 

■デメリット

・体重や脂肪は落ちるが筋肉の形成には鈍い(お尻の肉は落ちても綺麗に盛り上がったりはしない)

・運動を止めると太るペースが速い

・筋肉量は減少する

・長時間動き続ける必要がある(体脂肪が燃え始めるのは動き出してから約30分後)

結局どっち?

私の経験と好みでいくと断然、

筋トレ派です!

 

単純に早く痩せたいだけならば有酸素の方が体重が落ちるのは早いです。

ただし止めた時点であっとゆー間にリバウンドします。

 

走り続けて下さい!

長いスパンで各パーツも美しく整えていく場合は筋トレがいいです。

 

劇的な身体の進化ができるので地道にコツコツ積み重ねていって欲しいです。

筋肉量が増えてくると少し多めに食べたりワークアウトをしなくても

太るペースはスローです。

 

もちろんそれぞれの好みもあります。

例えば、私は長時間一定の動きをする事は退屈であまり好きではありません。

短時間や10repsに全集中、

全勢力を注ぎ込み強度や負荷を上げていく事にやりがいと喜びを感じます。

悩んでいる方へ

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

あなたはどっちが自分に合っているか分かりますか?

まずは、

痩せる目的をもう一度見つめ直す事から始めてみてはいかがですか?

 

本質を把握する事は大切です。

なぜ痩せたいのか?

痩せたら何をしたいのか?

体重を早く落としたいだけなら、ひたすら走ればいいですし。

美しいメリハリボディが欲しいなら筋トレで筋肉量を増やし

各部位を形成していく必要があります。

目的で変わってくると思います。

 

ダイエットは過酷で孤独なものです。

多くの人が途中で挫折していきます。

 

こういう時のために、

パーソナルトレーナーが存在する事を忘れないで下さい!

 

あなたの健康と清く美しいメンタルを大切に!

ダイエットの成功を応援しています!