パーソナルトレーナーメグミが健康と幸せを届ける!

健康、美容、ダイエット、筋トレ、ワークアウト、スポーツの愉しさと疑問を集めたまとめブログ

【ブッシュファイヤー】オーストラリアを苦しめた大災害はいまだに燃えている

みなさん、こんにちは!

オーストラリアからパーソナルトレーナーメグミです!

 

自然災害は世界のあらゆる場所で起こり

この先の未来でも

生物の命を奪う切っても切り離せない自然現象です。

 

オーストラリアで暮らしてまだ一年の私は

少しでも国の事を知りたくて

国内で起こる自然災害について学びました。

 

ー目 次ー

 

オーストラリアで起こる自然災害

【過去の大きな自然災害】

1939-ブッシュファイヤー

1955-洪水 

1967-ブッシュファイヤー

1968-地震 

1974-サイクロン 

1974-洪水 

1983-ブッシュファイヤー

1989-地震 

2009-ブッシュファイヤー

2010-洪水 

2011-洪水 

2015-洪水 

2019-ブッシュファイヤー

2020-ブッシュファイヤー

ブッシュファイヤーとは

Bushfiresは山火事の事で

今回の災害は2019年9月からいまだに燃え続けている。

f:id:meg-fit:20200118112152j:plain

出典:https://www.rte.ie/news/world/2019/1221/1102572-australia-bushfires-new-south-wales/

f:id:meg-fit:20200118113005p:plain

出典:https://www.news.com.au/national/watch-nsw-woman-risks-life-to-rescue-koala-from-bushfires/video/3139cc5031dc576ff3df6ac13f7734c9

 

今回の火災の主要都市

  • ニューサウスウェールズ州
  • クイーンズランド
  • 南オーストラリア
  • タスマニア
  • ビクトリア
  • 西オーストラリア
  • ノーザン・テリトリー

f:id:meg-fit:20200118114659j:plain

出典:https://www.bnhcrc.com.au/hazardnotes/63

被 害

焼損面積:10,626,000ヘクタール

東京都面積(約22万ha)の48個分

 

人間の死亡数:29人

 

動物の死亡数:4億8000万匹

 

破損建物数:8000棟

f:id:meg-fit:20200118121231p:plain

出典:https://7news.com.au/news/bushfires/home-saved-but-fire-claims-magpies-roos-c-628631

f:id:meg-fit:20200118121540p:plain

出典:https://www.thesun.co.uk/news/10663874/steve-irwin-daughter-bindi-australia-bushfires-animals/

引き起こす主要要因

■気候変動 

2019年初夏が記録上最も暑い。

2019年は1900年以来、最も乾燥した年でもあり降水量は平均より40%少ない。

熱波と干ばつは下草を乾燥させ、山火事のリスクを高める。

 

■炭素排出量

現在の火災はすでに約3億5000万トンの二酸化炭素を放出している。

温室効果ガスが大気に追加されるにつれて悪化する。

 

■季節性

夏場の暖かく乾燥した状態は火災の可能性を高める。

 

■人為的問題

意図的な放火。

これからの未来

■ 健康への影響

  • 粒子状物質汚染が人間の肺組織に損傷を与え、子宮内の胎児の肺機能障害にも影響
  • 成人の呼吸器障害疾患の増加
  • 心臓発作、脳卒中、糖尿病のリスクが上がる

■ 心理的な影響

【1983年、灰の水曜日の山火事で重大な損失を経験した1,526人を対象とした研究】

12か月後、42%が精神障害の基準を満たし、影響を受けていないコミュニティの有病率の2倍となった。

20か月後、この数字は23%に低下した。

■経済的な影響

ニューサウスウェールズ州は、インフラの修復に10億ドル必要とされている。

約750億円!!

(詳細)

・農業・観光産業への損害

・医療費は数億ドルに達すると予想

火災と煙霧による混乱はシドニーで1日あたり5,000万ドルの費用がかかる可能性

移住者や留学生ができる対処法

  • 乾いた草の上に車を駐車しない。(エンジンや排気からの熱により火災が発生する可能性がある)

  • たばこを捨てない。

  •  ゴミを持ち帰る。

  • バーベキューやキャンプでの後始末をしっかり行う。

  • 火災危険標識の確認。(国立公園や田舎町では入り口に火災の危険標識がある。)

 

ライフライン

救急車

000、かからない場合102、聴覚障害者106

 

気象局

http://www.bom.gov.au/

 

オーストラリア赤十字

https://www.redcross.org.au/

 

政府の災害復旧支援ホットライン

180 2266

 

 オーストラリア政府DisasterAssist

https://www.disasterassist.gov.au/Pages/home.aspx#

 

24時間カウンセリング

https://www.lifeline.org.au/

 

今回の火災で私の住むゴールドコーストでの

実際に感じられた影響は

焼け焦げた匂いや空気、逃げてきたハエのような虫の大量発生でした。

 

悔しくも事件の被害となった人々と生き物へ

安らかな眠りにつかれますよう、深くお祈りいたします。

May all find comfort and peace.

 

RESET IN PEACE